プロポーズにはやっぱり花|【最適な贈り物を考える】結婚内祝いについて考えよう

プロポーズにはやっぱり花

花

プロポーズに花をプレゼントされたい女性は多い

ほとんどの場合が一生に一度となるプロポーズ。そんな時にはやっぱり花が嬉しいと感じる女性は少なくありません。「気取った感じになりそう」などと恥ずかしがらず、思い切って花をプレゼントしてみるといいでしょう。

定番は薔薇

プロポーズの定番はやはり「薔薇」でしょう。昔から愛される花で、送る本数によっても意味合いが変わってくることでも有名です。一般的にプロポーズの時は花束なら40本の薔薇が意味合いや本数としても丁度いいとされています。ちなみに40本の薔薇の花束には「真実の愛を誓います」といった意味があります。

薔薇以外にも適した花はある

定番は薔薇となりますが、花言葉にはロマンチックな意味合いのものが多く、薔薇以外にもプロポーズに適しているものはあります。自分や相手の好きな花の花言葉について調べてみても、プロポーズの花選びのきっかけになるでしょう。

プロポーズに送った花についての口コミ

薔薇(20代男性)

気取った印象があるかもしれませんが、やっぱりこれしかないと薔薇をプレゼントしました。花屋さんで教えてもらったんですが、40本の薔薇の花束には「真実の愛を誓います」という意味があるそうだんです。
相手も意味を知らなかったので送ってから説明するという情けない展開になりましたが、なんとかOKをもらうことができました。

胡蝶蘭(30代男性)

告白をしたときもプロポーズの時も、胡蝶蘭を送りました。自分は口下手なんですが、お互い花屋で働いているのでスムーズに意図が伝わってくれました。

ひまわり(40代男性)

妻にプロポーズをした時は、指輪と一緒にひまわりの花をプレゼントしました。ひまわりが好きだと言っていたので単純にもそれをプレゼントにしたのですが、「あなただけを見つめている」という花言葉があるようです。花言葉には疎かったため、後から妻に教えられました。

ハナミズキ(20代男性)

家内にプロポーズをした時は、婚約指輪にハナミズキの花を添えました。ハナミズキには「私の思いを受け止めて」という花言葉があるんです。21歳の頃から6年間付き合ってのプロポーズで、「遅い」と怒られながらも受け取ってもらうことができました。

広告募集中